So-net無料ブログ作成
検索選択

癒しの時間 [暮らし]

鏡餅 019.jpg


花を扱う時とても心が穏やかになることに、最近気がつきました。
今日水替えしたのは、バラとスイトピー&ブプレウルム。
寒い時期は、花もちが良くていいですね。

いつも花の名前が分からなくて悔しかったので、
コレ↓を買いました。


知っておきたい221種 最新版 花屋さんの「花」図鑑 『花時間』特別編集

知っておきたい221種 最新版 花屋さんの「花」図鑑 『花時間』特別編集

  • 作者: 花時間特別編集
  • 出版社/メーカー: 角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/03/27
  • メディア: 単行本



出回り時期、花色、鼻持ち、花言葉などがコンパクトに収録されています。
巻末には、花を長く楽しむための3つのポイントがあり、参考になりました。


☆ポイント1「新鮮な花の見極め」
  花びらのハリ、咲くつぼみの見分け方(がくの間から花が見えているもの)

☆ポイント2「水あげ法4種」
  水の中で水切りしたら2秒待つ、花を紙で包んで花が半分つかる水の量で1時                   間休ませる。

☆ポイント3「毎日のケア」
  茎のぬめりを取る

いける水の量は茎のタイプで区別するのだそうです。

つるつるタイプ・・・バラなど。水はたっぷり。
ざらざらタイプ・・・菊など。浅く。
中がスポンジタイプ・・・カラーなど。浅め。

水切りはしててもいい加減だったりして反省。、
ものを知らなくて恥ずかしいのですが、
学んだ分、子どもに教えようと思います。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 2

qooo

ええ〜!!知らない事ばかりで、勉強になります!
茎のぬめりって、とるんですね〜。
水の量も、花の種類によって違うとは。
早速、試してみます〜。
花がある暮らし、潤いがありますね。
by qooo (2011-01-23 16:39) 

ファーザー

花のある、潤いのある暮らし、いいですね!

この本、母にプレゼントしようかな。
by ファーザー (2011-01-24 06:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。